ウィンザー&ニュートンの

ウォーターカラーマーカーで絵を描く

水彩画のような絵が、マーカーと筆と水で手軽に?描ける。ということで試してみました。


【他にもいろいろやってみたレポートあります】

100均のキャンバスボードにアクリル絵の具で絵を描く

ダイソーの色紙にイラスト描いてみた

布・Tシャツに絵を描く


ウィンザー&ニュートンのウォーターカラーマーカーを買ってきた。
紙にこれで色をのせて、水でのばせば水彩みたいににじんで行って、水彩画のような絵が描ける。という話だ。
一本あたりがちょっと高いので、とりあえず三色買ってきた。
CADMIUM RED(DEEP HUE)、 BURNT SIENNA、 TURQUOISE。





赤・青・黄色じゃなくて茶色にしたのは、黄色味のある色の中では、明るい茶色というのは汎用性が高いし、絵に使いやすい色だから。
BURNT SIENNAは薄く塗れば肌色の表現に役立つ。黄色と赤でも作れるけど、混色しつつ思い通りの濃さにするのはなかなかムツカシイ。

水彩紙に描いてみる。
にじみを活かせる、水彩用紙がいいんじゃないか。この紙はマルマンの「絵手紙用ポストカード 高級水彩紙 荒目」。
水彩紙の中ではにじみ止めが強めで少々水をはじく、と紙の説明にかいてある。
紙の選び方としては、にじみが本当に強い紙だと思った以上ににじむので、コントロールされていないにじみが表現!と言える絵を描くのでなければ、 少しはにじみどめが施されているほうがコントロールしながら想像の範囲内のにじみで絵を描けていいとおもう。

私が持ってるものはもう売っていないようだけど、多分上の商品(ヴィフアール水彩紙)が似たものだとおもう。

色を塗る。
発色がいいですね。
鮮やかな色がしっかりのる。濃く色がついても大丈夫なところから、少しずつ塗っていったほうがよさそう。
マーカーで直接色をのせてから(影になるあたりに線を引く)→水を含ませた筆で伸ばしていく……
というのが基本ですが、本当にすぐ伸ばさないとマーカーのタッチが残っちゃう。
薄めに色をつけたいときは先に水を塗っておいて、そこにマーカーで少しずつ色をのせて、筆で伸ばす……という感じにしたほうが失敗しないかも。
まあ水彩画の基本ですよ。でも固形水彩に慣れていたら戸惑うぐらいスピードを求められる発色だと思う。
とくに肌などの取り返しがきかない部分は慎重に……
マーカーの先に筆を当てて、色を拭い取りながら筆で色をつけるという手もあり。しかしコレだとマーカーの意味はあまりないかも?

色を伸ばすのにはスピードが必要すぎて、ひとりで描いてると写真を撮ってる暇はない感じです……動画にしようかな?

ホワイトを入れたりして完成。
白い色はコピック用のホワイトです。アクリル絵の具でも何でも、普段使ってる白い絵の具を使ってください。
もちろんハイライトは色をのせない(紙の地の色)で作ってもいいとおもいます。

髪の毛は、ターコイズとバーントシェンナを塗り重ねて混色していますが、なかなか渋いキレイな緑ができました。
スカートの裾のラインなど、マーカーそのままで使っても面白いと思います。
たとえばウロコとかもマーカーでかけそう。
乾いたら耐水性になって、水で伸ばそうと思ってものびません。本当にスピード勝負だけど、一度乾いたラインの上からキレイに色をのせることが できるところは魅力です。

ウィンザー&ニュートン ウォーターカラーマーカー 12色セット

二枚目。
二枚目はLYRAの固形水彩絵の具を併用。メインの色は上の絵と同じ三色をつかって描きました。
どうせだったらもっとガッツリつかえばよかったかもしれない……
ラメ入りのペンもつかってアナログらしい絵なんですけど、そういうのはスキャンすると目立たなくなるので 原画とこの絵はだいぶ印象が違います……

三枚目。
公開するのは三枚目だけど、ほかにも別の画材と合わせていろいろ使ってますよ。
今回は普通の筆ではなく、水筆(ウォーターブラシ)を 使って描いてみました。たっぷり水がでるのが水筆の特徴でもあるので、こういうぼかしを素早くしなくてはいけない画材に合うかも。 もう一回水を筆に含ませて〜、とやらなくてもどんどん水を追加できるのは、普通の筆にはない利点ですね。
水筆を使って水彩画を描くという記事もよろしくお願いします。水筆の使い比べやおすすめなど!


工作・お絵かき いろんな画材で
描いてみたまとめ

工作・お絵かき いろんな画材で描いてみたまとめ

100均素材工作したりいろんな画材お絵かきしたりといった記事をまとめました。

すべて藤村阿智が実際に画材や素材を購入して作ってみた内容を記事にしています。
やってみる・画材を購入するときの参考になればうれしいです。
サイト内ではamazonへ紹介した商品へのリンクを貼っています。


オリジナルTシャツ作ってみた


他にもいろいろ作ってみています

【その他のコンテンツもぜひご覧ください】

Blackstrawberry.netへ戻る

ショートショート

日記

ソフトクリームネオン研究

変な電卓コレクション

文房具の本

ドラえもん研究

【販売中】LINEスタンプいつもぶんぐ【販売中】