ショートショート200本 変な電卓コレクション ソフトクリーム  同人誌について ドラえもん研究 

今日の更新情報に戻る
水平線
最終更新日:5月21日
私がマンガを描いた「とりこめ!スキャン家族」がスキャンスナップ公式サイトで公開中!
LINEスタンプ 第二弾発売開始!(2015/4/25)
★文房具本13巻~15巻と電卓本ComicZinさんで販売中です!
電子書籍試し読み



2017/05/21:
オリジナルTシャツを作るページにアクセスが多くなる季節になりましたよ。
新しい画材もいくつか買ってあるので、それを使って新しい作品をUPしたいと思っています……
西友に安いタンクトップがあって。あれを使えないかな。下着になっちゃうかもしれないけど、失敗しても惜しくないし……
Tシャツってむつかしくて、着心地のいい、しっかり厚みのあるいいシャツに描くのは緊張するのよ。とくに初めての画材だと。 でも安くて、どうせ外では着ないし〜気軽に描いちゃおう、と思ったときに限っていいのが描けたりするとショック。
そういうのをラフにして本番を描けばいいのか……でも私の絵の描き方って再現性が低くて、よくないんだけど、 同じのが何度もは描けないのよね。
ほんとは描けなくちゃね。ちゃんと考えて描いていたら同じように描けるはずなんだけど……

とりあえず、次に描いてみようとおもってる図案は落書きみたいなものなんで、気軽に行きますよ!

2017/05/18:
新曲できました!

私のいない国です。ポエムのようなものをテクノサウンドにのせてお届けします。
テクノポエムって言うのは検索してみたところ、まだあまりやってる人はいないようですが、海外には結構「techno poem」って言葉があって、 ちょっとまだ定義がわからないのですが……動画などが上がってるものを見ると
◎普通にポエムに見える文章
◎テクノサウンドの上にメロディーがなく乗っかった詩(私のはこれの仲間)
◎ミニマルテクノっぽく?詩を読む

3番目のはよく伝わらないかもしれませんが、例えば、
「私、私、私のいない国、いない国、いない国……」みたいにリズムよく単語をちりばめて構成される朗読って感じですかね。
それで思ったんですけど、お経ってテクノポエムっぽいですね。
テクノのお寺もあるみたいだし。あの木魚をたたくリズムに詩を乗せてるわけでしょ。
結構韻も踏んでる気がする(単純に同じ結末の文章を唱えてるってことかな?)。
とにかく、なにか伝えるのにテクノっていいかもしれないですよ。今回はテキストが表示されるだけで歌詞ではないけど。

2017/05/17:
あちこさん 2巻もkindleで販売開始しました。

よろしくね!

■曲も作ってるところです。今回はちょっと趣向を変えて……歌を無理に載せないというか。
メロディ作るの苦手っていうかできないんですよ。ほんと。
曲を作って動画にしてUPすることを何度もやっている私ですけど、音符が読めないし音の意味がわかんないんですよ。
これは音痴といっていいんじゃないか。感覚でしかわからない。説明できないし再現できない。
コードと違う音程で歌ったりしてるらしいんですけど、それもわかんない……
コードってなんのためにあるのかもわかんないんですよ。歌が無かったら別の曲に聴こえることってないですか?
かろうじて記憶にあるバックと同じコード進行だからその曲だってわかるっていうか……
ギターを弾いてても「これがあの曲?」ってピンとこないコードたくさんある……そういうもんらしいからそういう風に弾いてるだけで 実は意味がわかってない、だからその音程に合わせるなんてことはできなかったりするのだ。

2017/05/16:
■そろそろ冷たい飲み物もおいしい季節ですね。
気候にはだいぶ好みが左右されます……冬は冷たいものを飲む気がしないけど、夏は暑いものに魅力を感じなくなる。
でもあまり体を冷やしたくないので、夏も極力冷たすぎるものはとらないようにしています…… 一度夏とかに冷たいものをがーっととる生活をしていて自律神経を弱めちゃったことがあって……
あれから復活するのには数年かかりました。しかも毎日が苦しいという。
東京は京都に比べて格段に涼しい。何だろう。あの住んでた部屋が暑すぎたのか?
特に朝は、東向きの窓が朝日をガンガン取り込んで暑くなるのよ。
今住んでる家は北側の部屋で寝ている。朝日は入らない、が、窓がない。窓がないって私は個人的に好きなんですけど、換気扇もないし 和室なので湿度が高いんですよ。湿気だけが心配。カビ生えないように注意しています……余計な湿度を追い込まないというか。 ほかの部屋の湿気も全部流入してくる。暑い部屋で湿度が上がり、比較的涼しい部屋のほうでとどまってしまうという。

2017/05/15:
■ちょっと間が開いてしまった。

■自分の中に住んでいるご意見番が、相反する意見を持っているときって厄介だね。
自分自身の意見っていうんじゃなくて、そういう自分の意見がはっきりしないときに伺いを立てる相手と言うか、 いままでの人生で出会ってきたいろんな意見を思い出してみるでしょ。
私は積極的にいろんな立場のいろんな気持ちを持っている人の意見を集めてきたんですよ。
いろんな目線で物事を見られるようにはなっていると思います。そのために意見をたくさん読んでるので。
そしたらその弊害もあるというか、いったん立ち止まって人の気持ちになることはできるようになりましたが、 自分の気持ちを決められなくなったというか……
自分で「こうだな」と思ったことにも「いやいやそうじゃないでしょ」っていう不安な意見も出てきて、 落ち着かない気がする。

■とくに善悪がはっきりしていない、結局は「運」なんだなあという案件について、運をつかむための行動はどうしたらいいかと言うことは はっきり判断できないものです。最後は運なんだから判断も何もないんだけど、でもちょっとは行動がかかわってくることもあるんだろうなあと……
ぼやかしすぎて何を言ってるのかよくわかんないと思いますが……
しかも過去の案件で、終わった話なんですよ。それがいつまでももやもやしている。
失敗体験ばっかり積み重ねてしまって落ち込んでしまう。

2017/05/11:
■「よんこままんが あちこさん1巻」もkindleで配信開始しました。


amazonの商品ページに出てくるとなんか不思議な感じですね。
Vectorにソフトを登録した時の感覚に似てるかも。
もうちょっとさかのぼると、デスクトップに自作ソフトのアイコンが「使えるソフトウェア」として並んだ時も「おおっ」と思ったし、 webサイトを公開した時も「おおお〜」と思ったな。
いままで見ていただけの、パッケージが陳列された中に自分も並んだという感じ?

「パッケージに入れて棚に陳列」と言うと、なんかネガティブなイメージがないですか?(私はないけどネガティブな文脈の使われ方を見る気がする)
「レッテルを貼る」とかも、別にねがてぃぶな意味じゃなくて、単純にラベルを貼りつけるってことでしょ。
カテゴリに入れるということは均質化することで=悪いことって意味にとらえる人が多いのかもね。
しかし、なにかものを作りたいという人はお店に並ぶことも喜びであって、ほかの商品と同じように並んでるってのはうれしいものなのですよ。
そこを飛ばして美術館でガラスケースに入るのも……まあものによってはいいかもしれないけど……
とにかくパッケージを作って他のものと同じように選択肢に入るってのはすごいことだと思っているのです。

2017/05/10:
★Amazon Kindleでの販売を開始しました。

■Amazon Kindleでの販売を開始しましたよ。やらなくちゃな〜と思いつつ全然進んでなかった登録をエイッとやってしまいました。
めんどくさいからやらないのかな、と思われるかもしれませんが、簡単ですよ。手順は多いけどまあ簡単。
あと、kindleはkindle用のファイルをつくらなくちゃいけないから〜って話をどこかで見た気がしていて、
「まあkindle用の電子書籍ファイルを作る技術とツールはあるけど、それのために動かなくちゃならないのが面倒だな〜」とか思っていたんですが、 いざ登録してみたらわざわざ作り直さなくても、ほかのサイトで登録に使ったEPUBとかでできたみたい。
専用ファイル作ったのに。まあEPUBのほうで登録はまだやってみてないので、やってみたらやっぱり専用ファイルのほうがいいか〜とかなるかもしれませんけど。

■いまは「本のようなデータを本のように読めるサービスに登録して販売」って感じですけど、私は近い将来電子書籍は電子書籍という名前も変えて、 コンテンツを読みやすい形式で読むために買うという方式が必ず出ると思いますよ。
なんで本のように読んでるのかがさっぱりわかんないしね。いまだ電子書籍が本を超えてかないのは本より読みづらいせいで、 本の真似をしてるからだと思ってるのですよ……

ねがわくば新しいコンテンツ販売形式は、最初から有料でも無料でもどちらも抵抗なくすみわけできるような形になってればいいなと。
テレビやweb、携帯アプリのように「基本は無料、有料はハードルが高い」っていう癖がついちゃうとねえ。衰退しそう。 そんなにみんながみんな広告を見るビジネスモデルを容認すると思えないし、でも収益はないとやってけないし。
本は有料で始まったからなんとか広がったんだと思うんですよ。書く人も有料だから増えてるというか……
本や音楽が売れないのも、無料で別のコンテンツがあるからじゃなくて、お金を払うことに慣れなくなったからじゃないかと思ってます。
ゲームのアイテムを買うのも、通販でものを買うのも「やってみたことがあるか・ないか」でだいぶ違うじゃないですか。
通販でものを買ったことがない人は、実店舗で商品が見つけられなかったらあきらめてると思うんですよね。たとえネットで売ってるのを見てもね。

2017/05/09:
■いまの私の作品作りには、設計図と集中力が大事なのかなあと。
集中できても、ちゃんと作るもののことを考えて作り始めないと大作にならないというか。
ラフをちゃんと作るということです。
どうも私は頭の中のイメージが貧困と言うか、あまりいいもんが浮かんでこなくて、なにが好きなのかどういうのをやりたいのかが なくって……とっかかりとしてはパロディとかね。「こういうもんが作りたいね〜」とか、「こうだったらかっこいいね〜」みたいな 気持ちがまずないと、なかなか詰め込まれた密度の高い作品って出てこないと思うのよ。
もう少し奥行きのある、世界のある作品を作りたいなあ。昔は結構「一枚絵」なんて言って、一枚で何かを伝えようとする作品をつくってたような 気がするけど、最近はキャラクターとかモチーフだけをぽんっと真ん中に置くような作品が増えてしまっている。
なんらかのね。絡みとか物語がある作品を増やしていきたいですね。

2017/05/08:
■この日記にも過去ログがあるんですよ。日記の過去ログ
下のほうにも貼ってるので、見たことある人もいるかもしれませんが、一応。
最初のころは日記の過去ログを残していなかったので、ごく初期の文章は残ってないですね。
しかしこのサイトも20年ちかく(今年20周年)やっているので、最初のころといまの私はもう別人格かもしれませんね。
正直「何言ってんだこいつ」ってときもあるし。
こういう文章も、あと20年たった私がみたらちがうんだろうかね。
20年後もノリノリで新しいものを作ってたらいいけど。
「この拡張現実に自分の作品を次々投影するには……」とかいろいろ新しい表現や技術に触れていたらいいな。
最近おっくうになってるかもしれないからいろいろ頑張ろう。

■未来には「昔の人はこれをこうしてたんだって」って言うのが出てくると思うんですよね。
「昔はスクリーンとかの決まったところにしか像を結べなかったんだって」みたいな。
「え〜じゃあみんな情報見るために、スクリーンの前まで行くの?」
「個人で小さなスクリーンを持ち歩いたりしてたよ」「え〜重いじゃん、街角IDでログインすれば簡単に粒子から像を結べるのにね」 「昔はセキュリティも甘かったし、信用できない人ばかりだったから公共の粒子にログインするなんて怖かったんだよ」
も〜いまから何があたりまえでなくなるのか楽しみですね。

2017/05/07:
■ゴールデンウィークお疲れさまでした。
私も頑張って、そしてやり切りました。課題もいろいろ出てきたよ……

DieAntwoordの新曲がドロップされたよ!
すごくうれしいけど、このシングルが収録されたアルバムが出るともうDieAntwoordの新曲が出なくなる……ってことなのかな、 とにかくファイナルアルバムなので、終わっちゃうのは嫌なんですよ。

自己紹介と作品年表もちょっと更新。

■先日ここの日記でマニキュアへの不満を書いて、またべつのマニキュアを買ってみたのですが、それははがれやすいという致命的な 欠点がありました……ちょっと爪がなにかに擦れただけでぽろぽろはがれちゃうの。はがれなくても白く浮いちゃったり。
こんなマニキュアあるんだ……初めてだよ……

で、以前はラメっぽいキラキラしたものでもそんなに違和感なかったのにな〜と思って、机の上で物陰に転がっていた 3世代前のマニキュアを塗ってみたら、ラメなのにざらざらしないんですよ。あ〜これか。これでいいんだ。
ちょっとおとなしいタイプだけど、これで十分ですよ、ざらざらするよりずっといいよ……
今度このシリーズさがそう……どこで買ったんだっけな……

2017/05/05:
■ほんと、いろいろやってるつもりだけど寡作であかん、私。
もっともっとがんがん出していかないと、ほんと、世に出たものがすべて……
どれだけ私が世に出せたんだ……いろんなものを、

■だめ、ちょっと書こうかなって思った表現に自分で凹んでしまった。
まあガンガン……ガンガンやりますよ。
ガンガンやってるとそれはそれで迷いが出るのよね。
たくさん出しすぎでうるさいんじゃないか?誰もついてこれないんじゃないか?って。
どこかに貼っておけばいいのかな?「どうせ誰も全部なんてついてこないんだから、見せるものはごろごろ転がしておけばいい」って……

2017/05/03:
■普段、ここの日記は前日の分を書いているんだけど、ど〜してもいま書きたくて3日の分を3日のうちに書いちゃうぞ。
NHKで「ベストアニメ100」ってのがあったわけで、それの結果発表が3日にあって、ネットではそれに対する感想を言ってる人も多くいます。
私がフォローしている人たちは元々アニメが好きだったり興味があったりする人が多く、だれもおかしなことは言ってないんですが、 yahooのニュースについたコメントとか……ほんとみんなして自分中心なこと書いてるな〜とおもって。
・知らないアニメばかりが上位
→見たことないアニメがみんなに人気があるんでしょ。
・あの人気アニメが入ってない
→人気だからって名作とも限らないし、人気があるから上位なんでしょ。
・投票した世代が若いんじゃないか。昔のアニメ世代だから納得いかない
→投票すればよかったのでは……

「ドラゴンボールやワンピースが上位に入ってない」って話もあるし、「ドラえもんも入らないのか」って言われてるんですけど、 あの辺のアニメって名作でしょうか……原作漫画が名作・人気作なのであって、アニメとしてアニメだけで比べた時はどう?
私が昔好きだった、思い入れのあるアニメも、思い出すと「作画や脚本がイマイチだった時があったな〜」ってのがあるし、 そもそもアニメオリジナルのほうがアニメとして質が高くなってくるのはとうぜんじゃないかなあ。
52話とか、100話〜とかいっぱいあるものも、アニメ全体としては質が落ちてくるだろうし(長いというだけでマイナスじゃない?)

アニメオリジナルのタイバニやまどマギ、ラブライブが上位なのはアニメのランキングなんだからまっとうな気がする。
ワンピース、ドラゴンボールなどを「私でも知ってるのに入ってないなんて、ほんとに人気ランキングなの?」と思う人は、 ワンピースやドラゴンボールの名前と原作人気を知ってるだけでアニメを毎週見ているわけではないのだろう……

■私的に「あれはいいアニメだと思う」というアニメは「ニルスのふしぎな旅」とかね。でもあんまりいろんなアニメを見てないから ほかにもいいのがあるかもしれないね。
好きなのは「ひぐらしのなく頃に」だけどあれもアニメの出来としては(いいんだけど、好きなんだけど、)クオリティに波があって……

まあ勢いで書いただけの愚痴です。

★日記の過去ログはこちら2017年1月〜


藤村阿智自己紹介、作品年表
★Twitter:Achifujimura

★インスタグラム
★本の感想ブログホンヨンダ
★文房具ブログ(文具仮面)
★読書一言感想

★読書メーター:藤村阿智



↓本はhontoでしか買ってない



文具仮面オフィシャルブログ 

ツイッターにもいます

2017年日記過去ログ 
2017年今年の目標達成のためのブログ
2016年1月〜6月 ★2016年7月〜12月 
2015年1月〜6月 ★2015年7月〜12月 
2014年1月〜6月 ★2014年7月〜12月 
2013年日記過去ログ 
2012年日記過去ログ 
2011年今年の目標達成のためのブログ
2011年日記過去ログ 
2010年日記過去ログ 
2009年日記過去ログ 
2008年日記過去ログぜんぶ 
〜2007年日記の過去ログはこちら
日記の過去ログの一部「よりぬき ひぐらし」 2001年1月〜2002年10月まで 更新:2003/12/6


■ドラ&藤子日記
■「メルプのお部屋」

BlackstrawberryTOPに戻る

(C)AchiFujimura

とまる
ショートショート200本 変な電卓コレクション ソフトクリームネオン研究  文房具の同人誌について ドラえもん研究 
LINEスタンプいつもぶんぐ クリエイターズスタンプ